小説・ラノベ・アニメ・漫画の感想・おすすめブログ

小説・ラノベ・アニメ・漫画・ドラマ・映画などについて感想を語ったり、おすすめを紹介したり、その他いろいろ書き記すブログです。

雑考

アニメ「ネコぱら」から「人間」概念を考える――「ネコ」と「人間」を同等に扱う危険性について

ネコぱら 2020年3月に放送が終了してから2ヵ月が経過したアニメについて記事を書くのも躊躇われたのですが、とあるきっかけから、頭の中で構想を描きつつも筆が止まっていたこの記事を書き上げて公開することにしました。 第1話 ようこそ、ラ・ソレイユヘ!…

2020年のうちに映像化が決定されるのではないかと期待している5作品

新年ということで(?)、この記事では、2020年のうちに映像化が決定(さらには2020年のうちに放送)されても良いのではないか、その可能性があるのではないか、という作品5つを紹介します。 もっとも、「映像化の可能性がある作品」というよりも、むしろ、…

新年のご挨拶と抱負――2020年の楽しみにしているアニメ・映画・ドラマ

劇場版「SHIROBAKO」 読者の皆様、新年あけましておめでとうございます。 おかげさまで、2019年8月9日に当ブログを始めてから、5か月ほど続けることができております。ひとえに読者の皆様の閲覧とレスポンスがあってのことです。 さて、ここで新年の抱負――…

「異世界ファンタジー」の定義問題――転生・転移モノを異世界ファンタジーと呼ぶことは文化破壊なのか?

(1)はじめに srpglove.hatenablog.com 先日、「『異世界ファンタジー』の意味を歪めることが問題である理由(追記あり)」と題する記事(2019年8月31日付〔翌9月1日午前8時最終閲覧〕。以下、この記事を「当該記事」、当該記事の作成者〔 id:srpglove さ…

ファンタジーのジャンル論・再考――「『異世界転生しないのにゲーム的な要素が登場するファンタジー』はアリなのか?」に対するご批判を受けて

フォーチュン・クエスト (1)先日の記事に関するお礼と反省 irohat.hatenablog.com 先日、「異世界転生しないのにゲーム的な要素が登場するファンタジー」はアリなのか?――この種のラノベには違和感を抱きませんか?」と題する上記記事を書いたところ、望…

「異世界転生しないのにゲーム的な要素が登場するファンタジー」はアリなのか?――この種のラノベには違和感を抱きませんか?

ミノタウロス伝説のラビリンスの舞台となったクノッソス宮殿の平面図 2019年8月30日追記:この「『異世界転生しないのにゲーム的な要素が登場するファンタジー』はアリなのか?」という記事に対して、「ファンタジーのジャンル論・再考」という下記記事を書…

「異世界ファンタジー」の下位ジャンルの必要性――ゲーム的でない異世界ファンタジーを何と呼びますか?

ハリー・ポッターと賢者の石 2019年8月30日追記:この「『異世界ファンタジー』の下位ジャンルの必要性」という記事に対して、「ファンタジーのジャンル論・再考」という下記記事を書いたのでぜひご覧ください! 下記記事はこの記事の訂正版のような形になっ…

光源氏計画エンディングの倫理的許容性を考える――「養父と養娘の結婚」問題

若紫 (1)そもそも「光源氏計画」とは? そもそも「光源氏計画」とは?について、以下のサイトが上手くまとめてあったので引用します。 自分が慕う年下の人物を自分にとって理想的な「大人の女性」に育てようとする計画のこと。そんな思惑や様子を描いた作…

異世界転生系ラノベのアイデアを考えたので誰か書きませんか?(後編)――「宗教」で型を破れ!!

異セカイ系 この記事は、昨日公開した記事の続編となっています。「異世界転生系ラノベのアイデアを考えたので誰か書きませんか?」の前後編あわせた全体の目次は以下の通りです。 (1)異世界転生ファンタジーにおける「型」と「その破り方」 (2)メタ方…

異世界転生系ラノベのアイデアを考えたので誰か書きませんか?(前編)――いかにして「型」を破るのか考察してみた

異セカイ系 「異世界転生系ラノベのアイデアを考えたので誰か書きませんか?」と銘打ったものの、これは少々ミスリーディングなタイトルです。というのも、詳しくは読み進めてもらえば分かると思いますが、一般に「異世界転生系ラノベ」として皆さんがイメー…

女性が主人公のライトノベルはおもしろい!――おすすめすべき理由を考察してみた

図書館戦争 1.まずは「結論」と「おわび」と「お断り」から 2.先人はどう分析しているのか? ①女性主人公モノは恋愛以外の要素をウリにしないといけない ②女性主人公に安易なキャラ設定は使えない ③男性作家の多くは女性主人公モノを書けない 3.管理人…